スポンサードリンク

ベストハウスとはどのような住宅なのでしょうか

マイホームを作るなら、やはり最良の家=ベストハウスを作るようにしたいものです。しかし、何が最良の家なのか実際のところは住む人の感性によって左右されることでしょう。大金をかけて造った家がベストハウスかというとそのようなことは決してありません。確かに材料にこだわりをもって、有名な設計士に住宅の設計を頼めば良い家は造れるかもしれませんが、一生暮らすのに適した家かどうかは別問題です。建築家に作ってもらった住宅というのはどうしても快適さ優先というよりは見た目優先のつくりをしていることが多いからです。
ベルサイユ宮殿や、日本のお城のような住宅に住みたい人もいるかもしれませんが、もし、そのような住宅に住むことができたとしても実際に活用する部屋というのは2,3部屋くらいでしょう。まさか何10もある部屋全てを使うことなどできないでしょうから。
それならば、その2,3部屋を最良のつくりにすることでベストハウスを作ることが可能となるのではないでしょうか。
通常普通の住宅であれば3LDKから5LDKくらいだと思います。3LDKで部屋は6部屋+トイレ、洗面所、お風呂で9つの部屋と玄関ルームがあるわけです。自分が必要と思う部屋にお金をかけてこだわればベストハウスはできるのではないでしょうか。こだわりのある部屋を2,3持つことはあまり無理せずに良い家を建てる方法だと思います。

ハウスメーカーの選択基準

マイホームを購入するときにどこのハウスメーカーを選ぶのか本当に迷うことだと思います。ハウスメーカーと呼ばれる住宅供給会社はたくさんあり、また、どこのハウスメーカーも特色があります。そのハウスメーカーの中にはローコスト住宅をうたっているハウスメーカーや、耐震、免震機能などの機能面を前面に出しているハウスメーカー、そのほかに収納面に特化し住んでからの不満をなるべくなくそうと考えるハウスメーカーなど様々な特色があります。
しかし、マイホームを購入するときにハウスメーカーを選ぶ最大の理由は機能やコストだけではないでしょう。
では何を基準にハウスメーカーを選択すればよいとおもいますか。
ハウスメーカーを選ぶ最大の決め手はやはり営業マンや会社の雰囲気ではないでしょうか。マイホームは生涯で1度しか購入しないのが普通でしょう。マイホームを購入するというのはやはり車を買うのとは次元が違います。このことから信頼のおけるハウスメーカーを選ぶのは至極当たり前のことでしょう。マイホームは買ったときがハウスメーカーとの付き合いの始まりと思ってハウスメーカーを選ぶことが大事です。間違ってもマイホームを購入したらハウスメーカーとの縁がなくなることがないようにし内容にしましょう。マイホームはメンテナンスも必要となってきます。そのときにマイホームを建てたハウスメーカーと仲良くしていれば安心して今後マイホームで暮らしていくことが出来るでしょう。

地震に強いマイホーム選び

マイホームを購入するときに心配なのが自身に対する耐久性もあるのではないでしょうか。特に最近日本各地に大きな地震が頻発しています。いつどこで起こるかわからないのが地震です。本音を言えば自分の住んでいる地域だけでも地震が起こらないで欲しいと思うのが人情だと思います。。しかし、地震などの災害はどこでいつ起こるかわからないのが実情です。そのため地震が起こることを予想して、マイホームを作る必要があるのではないでしょうか。
最近は法律の規制でマイホームはある程度耐震構造でなくてはならなくなっていますが、直下型の大地震などが起きた場合倒壊してしまうマイホームが多いのではないでしょうか。
マイホームというのは外から身を守ることが第一の役割のはずです。そのマイホームが地震で倒壊したらマイホームの構造物の下敷きになって亡くなってしまうこともあります。
そのようなことが極力起こらないようにマイホームには地震に対して強い構造を求めたいものです。
木造マイホームの場合筋交いだけではなく耐力壁と言われる構造用合板を外壁面に張り巡らしたり、構造金物を多く取り入れたりするマイホームが増えてきています。しかし、いくら構造用合板を貼り付けたり、構造用金物をたくさん取り入れても正しい使用をしなければ意味がありません。夢のマイホームを建てる時にはそのあたりの品質管理は徹底するように住宅メーカーに指示する必要があります。

気になる新築工事は覗いてみましょう

住宅を購入したくなったら、新築の工事現場が気になることがありませんか。新築工事はどのような感じで進んでいるのか興味がわいてくる人も多いと思います。
特に自分が気に入ったハウスメーカーや住宅メーカーの住宅などが近くで建築中であれば中をのぞいて見たくなるのではないでしょうか。
作られた新地築工事見学会ではなくリアルな住宅工事現場の見学会をしてみて、新築工事とはどのような工事をしているのか、または構造材はどのようなものを使用しているのか、内装下地はどのようになっているのか、住宅工事完了後は見ることが出来ない内容を住宅の工事現場では見ることが出来ます。
また、住宅工事に携わる人たちの雰囲気も感じることが出来ると思います。
気になる住宅工事現場があったら気軽に覗いてみましょう。しかし、そのときには住宅工事関係者に挨拶をお忘れなく。

建築会社との良い付き合い方

住宅を作るときに主導権を持っているのはもちろん施主であるあなたです。しかし、通常住宅を作る側の施主は住宅の知識をほとんど知りません。これはちょっと失礼な言い方かもしれませんが、住宅について一般的な情報を知ることは住宅情報誌やインターネットで知ることが出来ても住宅つくりの真髄を知ることは先ず不可能です。住宅造りは本当に置くが深く住宅つくりを知り尽くしているはずの住宅メーカーのスタッフであっても全てを知ることは不可能なのです。
しかし、住宅を購入する施主であるあなたは住宅つくりについて全てを知りたいはずです。一生住むであろう住宅について何も知らずに住宅つくりを依頼するのはとても怖いことです。
そこで、住宅について知らないことを質問したら可能な限り答えが返ってくる住宅メーカーに住宅造りは依頼したいものです。もちろん即答できないこともあるでしょうが誠心誠意あなたに住宅つくりの答えを出してくれる住宅メーカーに住宅造りは依頼したいものです。

失敗したくない住宅作り

良い住宅選びというのは本当に難しいものです。住宅にかかわらず商品というのはあらを探せば絶対に悪いところ(自分に合わないところ)あるものです。ましてや住宅など使用部品が多く、毎日生活する場所であるために欠点が気になれば住宅すべてが気に入らなくなることもあるでしょう。
しかし、住宅に生活を始めると傷や汚れなどは絶対に生じてしまいます。また、木造住宅などの場合は構造材自体の収縮や膨張や、地震、台風などのゆれによる内装材のひずみなどが生じてしまいます。このように住宅自体が動くためにクロスの割れやドアの調整不良なども生じてしまいます。
住宅にパーフェクトを求めるのではなく、これらのことを念頭に入れて住宅を購入してください。

良い住宅の見分け方

あなたが求める理想の住宅とはどのような住宅でしょうか。理想の住宅の形は人それぞれで一概にどこの住宅メーカーや工務店の住宅が優れているとはいえないものです。
値段が安いことに住宅の良さを求める人、耐震、免震性能に住宅を求める人、高気密・高断熱断熱性能に優れた住宅を求めている人など住宅を選ぶ基準というのはさまざまです。
しかし、良い住宅というのはやはり作った後にクレームの少ない住宅でしょう。この作った後にクレームが少ない住宅を選ぶにはどのようにすればよいでしょうか。
やはりクレームが少ない住宅を販売する住宅メーカーというのは口コミで評判の住宅メーカーであったり、営業マンの対応の良い住宅メーカーで合ったりするでしょう。
また、住宅を作る人たちすべての住宅作りに対する情熱のある会社というのは良い住宅を作る建築会社であるといえます。

金属コーティングガラスの特徴

高気密・高断熱住宅で用いられることがある金属コーティングガラスとはどのようなガラスなのか今回は紹介します。
高気密・高断熱住宅で用いられる金属コーティングガラスとはペアガラスのうち片面に銀系の金属膜をコーティングしたガラスのことです。この金属膜をコーティングしたことによって得られる特徴は太陽光は住宅の屋内に入り込むけど輻射熱は反射して、室内に閉じ込めることによって住宅の室内気温をほぼ一定に保つことが可能ととなってます。
また紫外線を約80%近くカットすることが出来ることから、住宅内の紫外線による悪影響を避けることが可能となってます。また、窓のそばにいることで日焼けすることを防止することが出来ます。
金属コーティングガラスは北海道などのように寒冷地以外ではあまり用いられませんが、断熱効果が高いために省エネの観点からも他地域住宅で使用することが望まれますが、金属コーティングガラスはコストが高いのが難点といえます。

狭小住宅を選ぶなら

狭小住宅をどうしても建てなければならない場合住宅の工法はどれにしますか。予算にもよりますが、できるなら鉄筋コンクリート住宅をお勧めします。なぜ鉄筋コンクリート住宅を勧めるかというと狭小住宅はどうしても横方向に広さを求めるのではなく縦方向(階数を増す)に床面積を求めていかなければならないためです。
木造3階建て住宅も機能上問題なく建てられるのですが、住宅は細くなればなるほど強度が低下してしまいます。それを木造などは材料によって強度を持たせようとするとどうしても居室に影響を与えてしまう結果となり狭い家がなおさら狭くなってしまうことが考えられます。
それを鉄筋コンクリート住宅にすることで強度と居住スペースの確保、また4階建てなど木造住宅では無理な階数を作ることで1フロアごとの床面積を大きくとることが可能となります。
このことから狭小地に住宅を建てるのであれば鉄筋コンクリート住宅を選択することをお勧めします。

タイル貼りの家

家の外装にタイルを張った住宅などいかがでしょうか。タイル張りの住宅といえば鉄筋コンクリート住宅がやはりしっくり着ます。以前は木造住宅でも玄関周りだけタイルを張っている住宅も多かったですが、最近ではサイディング張りの住宅が多くタイルを貼った住宅はほとんど見かけなくなりました。
しかし、ハウスメーカーなどではタイル貼りの一戸建て住宅も発売されています。やはり、タイル仕上げの家はサイディング貼りの住宅よりも高級感があります。確かに遠目での外観ではサイディング貼りの住宅もタイル貼りの住宅も見た目は似たような感じになりますが、やはり質感など近くで見たときに本物のタイルで仕上げた住宅は高級感があります。
また、タイル仕上げにしても最近は湿式のタイル貼り(モルタル下地)ではなく乾式のタイル貼り仕上げが多くなってきています。
乾式のタイル貼り工法は金物に専用のタイルを引っ掛ける式と、接着剤を使用したものがありあます。どちらの場合も湿式のタイル貼り工法に比べて施工精度にばらつきがなく良好な仕上がりを得ることができます。
コストは上がりますが、高級感を得るためにタイル貼りの住宅つくりをして見ませんか。

マイホームはどの建築会社を選びますか

あなたは夢のマイホームを購入するときにどこの建築会社を選択しますか。マイホームを建てるときには本当にたくさんの建築会社があり選ぶのも大変だと思います。
そこで各建築業者の特徴を簡単に説明していきます。
まず、地場の工務店。この工務店というのは個人で設立している小さな建築会社から、従業員数十名くらいの中小規模の建築会社を指します。この地場の工務店のメリットは地元に根付いた営業をしており、信頼が置けるということがあります。また、少々の融通なら利く点も見逃せません。
次にハウスメーカーです。ハウスメーカーといっても全国規模のハウスメーカーから、地方で設立したハウスメーカーまで様々です。全国規模のハウスメーカーの特徴としては材料や仕上げにあまりばらつきがないことです。また、全てのハウスメーカーにいえることは営業力やネームバリューが大きいです。
変わったところでは建築設計事務所に注文マイホームを依頼する方法もあります。建築設計事務所の設計したマイホームは個性的なマイホームが非常に多いようです。建築設計事務所の家づくりは好き嫌いがはっきり分かれるところです。
他にも知人の大工さんに直接依頼することもあるでしょう。
建築会社は星の数ほどありますが、信頼のおける建築会社を選ぶことが良い家づくりの第一歩です。

建築会社の選び方

住宅つくりでは建築会社選びは本当に大変な作業です。よほどでない限り同じ区域内に同じ建築会社で作った住宅はありません。これは建築会社の多さというより、住宅に住む人の住宅に対する好みによるものが大きいのではないでしょうか。
住宅の好みというのは住宅を選んだ理由ということです。住宅を選ぶ理由は人それぞれですが、たとえばとにかく安く住宅を作りたいのであればローコスト住宅が得意な建築会社に依頼するでしょうし、名前の売れているハウスメーカーなどに頼みたいのであればそのようなハウスメーカーに住宅を立ててもらうことになるでしょう。
しかし、建築会社選びは建てる時だけではありません。実は住宅は建て終わってからが本当に建築会社との信頼関係が必要になるものなのです。
最近ではなにか不具合が発生するとすぐに欠陥住宅と騒がれますが、住宅というのは時間の経過とともに次第に痛んできますので、多少の経年劣化は認めなければいけないと思います。
そのような時にすぐに対応してくれる建築会社に住宅建設を依頼しておけば安心できます。
そう入ってもなかなか営業マンとの話だけでは会社との信頼関係を結べるかどうかは難しいものです。そこで重要なのが建築会社の評判です。
たとえば知人に紹介された建築会社はまず間違いなく良い信頼関係を結べるはずです。しかし、人間にはフィーリングがありますので、絶対とはいえませんがかなり高い確率で良い信頼関係が結べるはずです。