スポンサードリンク

住宅ドアと通気性

最近の住宅は機密性が高くなってきています。
そのために、24時間換気が法律で義務付けられてきています。
しかし、間仕切りドアの機密性まで高くしてしまっては住宅全体の換気ができなくなってしまいます。

そこでドアにはある程度の換気性が求められます。
以前から、引き戸(片引き、引き違い戸など)には上部および下部にある程度の隙間が生じることから換気については問題なかったのですが、開き戸についてはやはり換気のための隙間が必要となります。

開き戸にはそのためにドア本体の下部にアンダーカットといってフローリングとの隙間を約1センチ設ける必要があります。
もし、あなたの住んでいる住宅のドアに隙間がないのであれば室内の換気上問題があるかもしれません。

しかし、昔の隙間風の入るような住宅ではその必要はありません。

一戸建て住宅の保証制度について

現在建てる住宅には10年保証(住宅品質保証制度)が義務付けられています。住宅の10年保証の品質保証制度はとてもよい制度です。しかし、10年保証の範囲がどこまでなのかという建築業特有のあいまいさも見逃すことはできません。
その一つに基本構造部分(柱・梁など)に発見された瑕疵(かし)及びその瑕疵(かし)が原因の不具合等保障のするとありますが、どこまでを不具合とみなすのか判断が難しいです。
明らかに雨漏れなどが発生した場合などは保証の範囲内でしょうが、建具の調整が悪くなったものは10年保証には含まれません。これらの些細な不具合はビルダー(建設会社)との信頼関係で無償で直してくれることが多いようです。また、10年保証制度以外でハウスメーカー特有の保証制度もあったりします。ハウスメーカーの保証制度はアフターと呼ばれることが多いようで要はアフターサービスのことです。このアフターがあるか、ないかでハウスメーカーへの信頼度も変わってくることでしょう。
中には、60年長期保証などをうたっている保証機構もあるようですが、実際問題木造住宅で60年間保証することはまず不可能でしょう。木造住宅の場合やはり10年周期で手入れをしていかなければ不具合は必ず発生します。
マイホームを長く持たせるためには、長期保証を当てにするよりも、日ごろのメンテナンスがマイホームにはとても重要なことだといえるでしょう。

ロックウール天井板の防音効果

住宅で用いられる天井板は様々なものがあります。洋間の場合、一般的にはプラスターボードにクロス張りというのが定番ですが、ちょっとイメージを変えてロックウール天井板を住宅の天井に使用してみませんか。
ロックウール天井板は断熱材のロックウールと同じ成分で作られているため、ロックウールと同じ効果を得ることができます。
その中でもロックウール天井板の吸音性能はビニールクロスなどでは得ることができない能力を持っています。これはクロス素材などは音が反響してしまい残響で話声などが聞きづらくなることを防いでくれるため、一家団欒で会話をするときなでにはとてもよい環境を作ってくれることでしょう。
また、ロックウール天井板には調湿機能(部屋の中の湿度を調整する機能)や防火性能および断熱効果が高いことも付記しておきます。
これらの性能を持っているロックウール天井板を新築住宅にも使用してみませんか。

紹介による住宅作り

住宅会社を選ぶときに一番気になるのは自分の選んだ住宅会社を本当に信頼してよいのだろうかと言うことでしょう。
いくら名前が売れたハウスメーカーであってももしかしたら住宅の施工不良が発生するのではないかとか、営業や工務の人間との間に不信感が発生するのではないかとか住宅つくりをしているとさまざまな不安要素が発生します。
その点知人の紹介による住宅会社を選択した場合まず間違いなく終始万全に住宅工事が進みます。
しかし、この場合も一つ注意点があります。それはいくら一生ものの住宅購入だとしてもあまり神経質にならないことです。
住宅造りで神経質になりすぎるとろくなことはありません。ある程度こころに余裕を持って住宅つくりには望む必要がありますよ。

良い住宅を購入するには

住宅を購入する人の多くは住宅展示場に出かけるのではないでしょうか。住宅展示場には実にさまざまなハウスメーカーメーカーのモデルルームがあります。
しかし、実際に購入する住宅はモデルハウスのような大きく立派な住宅でないことが多いはずです。
住宅展示場に行かずに住宅を購入する人は知り合いの新築住宅を見学したか、住宅メーカーの新築発表会などを見に行く人が多いのではないでしょうか。
その中で新築住宅を建てて満足した人はどのくらいの人がいるのでしょうか。おそらくほとんどの人は満足しているはずです。
その理由の中には自分が選んだ住宅なので間違ったはずはないという思い込みもあるはずです。この思い込みこそが良い住宅を購入する秘訣です。
いくら良い住宅を手に入れても欠点を探していけばきりがないほど出てきます。それよりは少しの欠点は目をつぶることで最高の住宅を手に入れられるはずです。

狭小地に広々住宅

市街地などに住宅地を求めるならばどうしても狭小な土地になってしまいがちですよね。たとえば坪数15坪くらいの土地になることも珍しくないのではないでしょうか。容積率が200%あるとして床面積は30坪の住宅を建てることが可能ですが、実際3階建て以上の住宅を建てなければ生活する環境を得ることは難しいでしょう。
もし3階建て住宅を作るとしても1階当たりの平均坪数は10坪の家となります。これはうまく間取りを考えなければならない広さでしょう。1階に玄関、階段室、トイレ、浴室、洗面所などのユーティリティールームを設けたら残りは約6坪くらいです。この6坪を部屋にするかリビング、キッチンにするか。また2、3階にはどのような間取りにするか。
しかし考えようによれば1階にすべてのユーティリティールームを設けると2、3回は居室として使うことができるので約20坪を部屋として使い分ければかなり広々と生活できそうです。
やはり、住宅を作るときには間取りをうまく設計していく必要があるようです。

木造3階建て住宅の構造規制

木造3階建て住宅はたくさんの魅力がありますが、やはり木造2階建て住宅などと比べるとさまざまな規制があることも事実です。その一つに構造用金物により住宅を強化することです。
もちろん木造住宅は法規制で構造用金物を使用しなければなりませんが、木造3階建て住宅の場合は構造計算に基づき2階建て住宅よりも頑丈な構造用金物を使用しなければなりません。主にホールダウン金物による引っ張り力の強化が重要視されています。
また、筋交いによる壁補強はもちろんですが、耐力壁の使用も進めていくべきです。そのほかにも水平方向のゆれに対応するために剛床なども取り入れることが望ましいでしょう。
木造3階建て住宅は風や地震などの災害時に2階建て住宅よりも被害が大きくなることが予想されますので、構造上強固なつくりにして安心して生活できるようにしなければなりません。

注文住宅を選ぶ時の注意点

住宅購入までにはさまざまな選択肢があります。その中でも注文住宅を選ぶという選択肢を選んだ人も多いはずです。注文住宅の場合一般的に一戸建て住宅を選ぶことが多いことでしょう。そこで今回は一戸建て住宅の注文住宅を選ぶ理由について紹介していきます。
一戸建ての注文住宅を選ぶ中で一番の理由としてはまず、購入したもしくは所有している土地にあわせた住宅を建てることができることでしょう。そのほかにも内装、外装だけではなく家自体の形にこだわりを持っている場合はやはり注文住宅でなければ理想の住宅を建てることはまず不可能でしょう。
しかし、注文住宅の場合特殊な材料や間取りなどを選択した場合どうしてもコストが上がり、その結果多額の費用を要します。
そのようなことを加味しながら自分の理想のマイホームと、金銭面の折り合いを見ながら注文住宅は選ぶ必要があります。あまり理想だけを追い求めても良い住宅ができるかもしれませんが、多額の借金が残る可能性がありますので注意が必要です。