スポンサードリンク

斜線制限で住宅の形状が変わります

住宅を建てるときには様々な制限があります。住宅建築の制限の中でよく耳にするのが斜線制限なのではないでしょうか。
住宅を建てるときの斜線制限には道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限の3つがあります。
道路斜線制限は道路から空の開放感を阻害しないために設けられた斜線制限で居住区や道路の幅で道路斜線は変わります。
次に隣地斜線制限ですが、隣地斜線制限は通常一戸建て住宅では関係ありません。住宅の高さが20mを超える部分に関する斜線制限であるためです。
最後の北側斜線制限ですが、この北側斜線制限は北側隣地の日照を守るための制限です。そのために北側の敷地いっぱいに住宅を建てると隣地への日照を著しく犯すことがありますので、北側斜線制限で北側部分の住宅の高さを制限するのを目的としています。
これらの斜線制限はお日様の恵みをみんなで分け合うために重要なものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6799268