スポンサードリンク

私道に住宅を建てる条件

住宅を建てるときに4m以上の道路にがあり、2m以上その道路に接していなければ住宅をたてることは出来ません。そのためにもし、道路が4m未満の場合は自分の土地であってもセットバックを取らなければならず住宅を建てるときに制限を受けることとなります。
道路が住宅に面してある場合はこのようにセットバックを取ってでも住宅をたてることが出来ますが、分筆した土地などで道路に面していない土地がある場合は私道などが設けられていることが多いと思います。しかし、私道は原則として道路認定されなければ住宅をたてることは出来ません。
しかし、私道であっても幅が4m以上あり、一定の技術水準が満たされている場合には道路として扱われます。この道路として認められる技術水準には以下の条件があります。
@原則として私道の両端が他の道路に接続していること。
A高断熱サブ、接続部などにおいて有効な隅切り(道路に面する角地をかきとります)があること。
B原則として、縦断勾配が12%以下であり、階段でないこと。
C砂利敷きなどでぬかるみにならない道路で、側溝などが設けられていること。
これらの条件を満たしており、2m以上の接道がある場合には私道であっても住宅を建てることが認められます。2m以上の接道は防災上必要な幅ですので覚えておいてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6747217