スポンサードリンク

建ぺい率と容積率

住宅地を購入するときに気をつけなければならないことにに建ぺい率と容積率があります。住宅の建ぺい率は購入した住宅地にどの割合で住宅をたてるかとても重要になるものです。
建ぺい率についてもっと詳しく説明しますと、住宅に面する建物の比率が建ぺい率になります。たとえば土地の面積が50坪で建ぺい率が60%だったならば一階部分の住宅の面積は30坪までの住宅しかたてることはできません。
2階建て住宅の場合は一階部分に2階部分を加算するために30坪以上の住宅をたてることができますが、平屋住宅をたてるときには30坪を越す住宅をたてることはできないことを意味します。
高齢者住宅などで2階建て以上の住宅作ることを考えていない場合は建ぺい率がとても重要となってきます。
次に住宅地の容積率ですが容積率も住宅地に対しての割合で示されます。たとえば50坪の住宅地で容積率150%であれば75坪までの住宅をたてることが可能となります。
このように住宅をたてるときには住宅地に対しての建ぺい率と容積率を知らなければ自分の思った住宅の広さを確保することができないことがありますので注意が必要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6541940