スポンサードリンク

不動産情報は自分の目で確認を

住宅地を購入するとき一番初めにすることはやはり不動産情報収集ではないでしょうか。先ず、どの地域に住みたいか決めた後にその地区の住宅地の相場を確認して、住宅地の相場より安い物件を不動産情報誌や不動産広告で探してみることでしょう。
もし、探していた住宅地が不動産情報誌や不動産広告に記載されていた場合、住宅地の値段と広さの確認をし、購入可能な金額か検討します。その後その住宅地が購入可能な金額であった場合不動産業者に連絡を入れる人が多いと思います。
また、そのほかにも格安、掘り出し物などとチラシに記載されていたら目が留まることと思います。
しかし、どちらの場合も先ず広告の出ていた土地を確認する必要があります。いくら信用の置ける不動産業者であっても商売である限り全て正直に接することは先ずありえません。もし、現地で確認した結果自分の納得いく住宅地であった場合に住宅地購入をするようにしましょう。
また、住宅地の広告欄は目がさらになるまで内容の確認をしましょう。住宅地を購入した後で理想の住宅を建てることができなければ目も当てられません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6329716