スポンサードリンク

住宅地に関する法律

住宅地を購入するときには不動産業者を通して購入することが多いのではないでしょうか。不動産業者は全国宅地建物取引業協会に加入している(ハトマークが目印)の不動産業者であればまず問題のある住宅地を売買することはありえないと思います。
しかし、個人売買で土地を購入するときには購入する土地に住宅を建てられるか確認してから住宅地購入をしなければなりません。
住宅を建てることができる土地は都市計画法に基づいて細かく分別されています。都市計画法では市街化区域について住宅を建設することを認めています。
住宅を建てることができない区域に市街化調整区域や、急傾斜地区、田畑などがあります。そのほかに市街化区域内であっても商業区域や工業区域内には原則住宅は建てることはできません。
都市計画法は国民が安全・快適な生活を送るために制定された法律ですが、法の規制で土地を購入しても住宅を立てられないこともありますので、住宅地を購入するときには住宅を建てられる土地であるか確認する必要があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6268737