スポンサードリンク

健康住宅で使われる接着剤

シックハウス症候群で一番問題になる成分にホルムアルデヒドがあります。そのほかにもトルエン、キシレン、ベンゼン、木材保存剤(防蟻剤など)などがシックハウス症候群の原因要素といわれています。
ホルムアルデヒドは以前は建築用接着剤に使用されていました。合板、フローリングを作るときの接着剤に含まれていたために合板およびフローリングなどからホルムアルデヒドが放出されてシックハウス症候群を引き起こしていました。
最近では健康住宅というわけではなく全ての住宅においてF☆☆☆☆の製品(接着剤にホルムアルデヒドを含まない建材)の使用が義務付けられていますので、ホルムアルデヒドによるシックハウス症候群はだいぶん軽減されていると言われています。
しかし、住宅現場で使用される接着剤の中にはF☆☆☆☆の基準に満たしていない接着剤もあります。ほとんどの接着剤がF☆☆☆☆の基準をクリアしているのですが、速乾ボンドなどはトルエンなどを含むものがまだ流通しているのでなるべくそのような接着剤を使用しない住宅つくりをしていく必要があると思われます。
通常、住宅の工事現場で使用される木工用接着剤(俗称白ボンド)や、フローリング用接着剤、などはF☆☆☆☆基準をクリアしていますので安心して使用可能です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6060608