スポンサードリンク

魔法びん浴槽でポッカポカ

冬場のお風呂はお湯の冷めるのも早いですよね。なるべく暖かいお風呂でゆっくりと冷えた体を温めたいのに浴槽のお湯が冷めていたら逆に体が冷えてしまいます。
桧風呂などのように断熱効果のある(材料が厚い分断熱効果が高まります)浴槽をつけるにも予算が合わないし、好みも分かれることでしょう。
そこで、最近の住宅用ユニットバス(システムバス)では魔法瓶浴槽と呼ばれる浴槽が多く使用されるようになってきました。
もちろん全てのユニットバス(システムバス)に魔法ビン浴槽が適用されているわけではなくユニットバス(システムバス)の中でも上位機種に採用されている場合が多いようです。
この魔法びん浴槽はTOTOや、タカラスタンダードなどの製品が有名です。
魔法びん浴槽の構造自体は外断熱構造で床部分の周囲を覆い、断熱効果の高いフタと浴槽を包む内断熱層の二重断熱構造になっています。このことによって高い保温力を維持します。
これから寒い冬場には暖かいお風呂が何よりの贅沢になるのではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5969195