スポンサードリンク

敷居すべりで敷居を守りましょう

住宅の建具のうち引戸や、障子、襖などの敷居に無垢材(檜、桜、ラワンなど)の敷居を使用することが多くあります。
しかし、敷居はどうしても建具がすべるときに敷居の溝が擦れてしまう難点があります。
そのために敷居の溝の中に敷居すべりと呼ばれる部材を取り付ける必要があります。この敷居すべりは戸・障子・ふすま等建具のすべりを滑らかにするために敷居の溝に埋め込んで使用することで敷居の寿命が大幅に長持ちします。
また、敷居すべりは幅と厚みがそろっていることから、敷居に貼り付けて簡単に使用でき、敷居の耐久性、建具の滑りを円滑にすることができます。
また、敷居すべりの表面はワックス仕上げがしてありますので建具のすべりがいっそうに滑らかです。また、敷居すべりの裏には両面テープを貼り付けていますので、施工作業が容易にできます。
敷きすべりにはさまざまな材質のものがありますが、どのタイプの敷居すべりであっても敷居の寿命を長く保つために重要な材料の一つです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5869727