スポンサードリンク

浴室のバリアフリー

最近の住宅ユニットバスはバリアフリー対応商品がほとんどになってきました。バリアフリー対応として、ユニットバス入り口の段差解消はもちろん手すりの設置、バスタブの高さなど細部にいたるまでバリアフリー化しています。
また、最近のユニットバスの床は水で滑らないように加工されたものが多くなってきました。先陣を切ったのはTOTOのカラリ床だったのではないでしょうか。この水はけの良いユニットバスの床は浴室での店頭事故防止には大変役立ってくれるはずです。
このように最近の住宅設備は見た目だけではなく、機能性の向上や、ユニバーサルデザインの採用などで使用者のニーズに合わせた製品が多くなってきました。これからも住宅設備メーカーの新製品による生活向上を期待したいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5504058