スポンサードリンク

狭小地に広々住宅

市街地などに住宅地を求めるならばどうしても狭小な土地になってしまいがちですよね。たとえば坪数15坪くらいの土地になることも珍しくないのではないでしょうか。容積率が200%あるとして床面積は30坪の住宅を建てることが可能ですが、実際3階建て以上の住宅を建てなければ生活する環境を得ることは難しいでしょう。
もし3階建て住宅を作るとしても1階当たりの平均坪数は10坪の家となります。これはうまく間取りを考えなければならない広さでしょう。1階に玄関、階段室、トイレ、浴室、洗面所などのユーティリティールームを設けたら残りは約6坪くらいです。この6坪を部屋にするかリビング、キッチンにするか。また2、3階にはどのような間取りにするか。
しかし考えようによれば1階にすべてのユーティリティールームを設けると2、3回は居室として使うことができるので約20坪を部屋として使い分ければかなり広々と生活できそうです。
やはり、住宅を作るときには間取りをうまく設計していく必要があるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5438152