スポンサードリンク

木造3階建て住宅の構造規制

木造3階建て住宅はたくさんの魅力がありますが、やはり木造2階建て住宅などと比べるとさまざまな規制があることも事実です。その一つに構造用金物により住宅を強化することです。
もちろん木造住宅は法規制で構造用金物を使用しなければなりませんが、木造3階建て住宅の場合は構造計算に基づき2階建て住宅よりも頑丈な構造用金物を使用しなければなりません。主にホールダウン金物による引っ張り力の強化が重要視されています。
また、筋交いによる壁補強はもちろんですが、耐力壁の使用も進めていくべきです。そのほかにも水平方向のゆれに対応するために剛床なども取り入れることが望ましいでしょう。
木造3階建て住宅は風や地震などの災害時に2階建て住宅よりも被害が大きくなることが予想されますので、構造上強固なつくりにして安心して生活できるようにしなければなりません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5426072