スポンサードリンク

ベランダからの雨漏れ原因

2階建て住宅を作ったらベランダがほしいものですよね。ベランダは洗濯物を干したり、ちょっとした気分転換に外の空気を吸いたくなったときなどにあるととても便利な場所ですよね。
しかし、ベランダは住宅中にあって屋外と同じ環境にある場所です。このことにより、雨が降った場合にはどうしてもベランダの中に雨が入ってしまいます。
ベランダは防水処理を施していますが、もし、施工不良があった場合には屋内に雨が侵入してしまい構造材などを腐朽させてしまいます。
そこでベランダの雨漏れ原因について紹介していきます。
まずベランダの雨漏れ原因の第一は何といってもFRP防水やウレタン防水、板金防水などの施工不良が考えられます。
FRP防水とはガラス繊維をエポキシ樹脂で固めて床面に施工する防水方法です。このFRP防水は住宅の木材の動きに追従することがないためにやがて剥離が発生して、そこから雨水が浸入することが考えられます。
また、シーリングの施工不良により、サッシとの立ち上がり部分からの漏水も考えられます。
ベランダの掃きだし窓の下部のシーリングが完全に行われているか覗き込んで確認することをお勧めします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5400013