スポンサードリンク

ユニットバスとタイル張りの風呂

住宅に用いられるユニットバスは様々な建材メーカーから発売されています。15年くらい前まではユニットバスはあまり普及しておらずセメントにタイルを張った風呂場が常識でした。しかし、最近の住宅でタイル張りの風呂場というのはあまり見かけなくなりました。
タイル張りの風呂はタイル選びから始まり、どのようなバスタブやバスリブにするか一つの部屋を一つから作るような楽しみもありました。また、形に決まりがないことから、風呂場から坪にはを作り開放感を楽しむような風呂場も作ることが容易にできました。
しかし、ユニットバスの場合どうしても形状に制限があり、坪庭を造るようなことはまずできなくなりました。風呂場からの坪庭はまさに温泉気分になれることからとてもよいリラクゼーション空間となりえます。
けれどもユニットバスにはユニットバスの魅力があります。まず壁がパネルによる面材で構成されていることから、タイルのような目地部分のひび割れが発生しません。また、床なども最近のユニットバスでは水のたまらない床が一般化されてきています。手入れもタイル貼りの風呂からすると容易にできることもユニットバスの魅力の一つではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5288429