スポンサードリンク

棟上の重要性

家づくりはたくさんの工程があります。まず工事着工前に地鎮祭を行い土地のお清めをします。その次に基礎工事に入ります。このときに構造材の手刻みをする会社であれば構造材の刻みを行います。
基礎工事の時には電気工事として、仮設電気の施工。水道工事として工事用水の引き込みなども行います。また、基礎への埋設工事として、水道、電気の先行工事もあります。
基礎工事が無事完了したら、木工事の始まりです。木工事の始めとして、住宅の土台敷き込み、その後の組み立てです。この棟上までの工程を建前といいます。
建前の名前の由来は昔のお寺を作る大工棟梁が柱の長さを間違えて悩んでいたそうです。そのことを自分の奥さんに相談したら、柱と梁の間にパッキンを入れればよいのではないかといったそうです。
それが現在の寺社仏閣に用いられる斗共(ときょう)とよばれる組み物になったそうです。その大工棟梁は間違ったことが世間に知られないように奥さんを殺してしまったとか。
そのくらい、建前というのは大事なものなのです。その建前の労をねぎらう意味でも棟上祝いは盛大にしたほうがよいと思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5202954