スポンサードリンク

新築住宅に大きな風呂を作ってみませんか

日本人はお風呂が好きな民族ですよね。しかし、実際に自宅の湯船といえばいくら広くても畳1枚もないですよね。最近は洋式のバスタブが標準的になってきてある程度足を伸ばせるようになってきましたが、さすがに温泉のように広い湯船はご家庭に持ち込むことはまず不可能でしょう。
しかし、あの温泉の広いゆったりした湯船はある意味日本人の夢、まさにジャパニーズドリームかもしれません(使い方がちょっと違いますが)。
そこでといっては何ですが、新築住宅を建てる時にお風呂のスペースを広く開放的にして見ませんか。できればお風呂専用の離れなどがあると最高ですが、現実問題として無理でしょうが。
しかし、ユニットバスではなく造り付けのお風呂場にすればある程度お風呂の大きさに融通を持たせることが可能となります。ユニットバスではいくら広くても1.5坪程度のお風呂しかありません。(特注であればまだ大きいサイズもかのうかもしれませんが)造り付けのお風呂はその点大きさに制限がないため、可能な限り大きなお風呂を作ることが可能となります。
しかし、造り付けの風呂の欠点ももちろんあります。それはタイル面のひび割れによる漏水です。住宅特に木造住宅の場合漏水により木材が腐ってしまい、シロアリが発生してしまうことがあります。
この問題はなかなか解消することができないのが現実問題です。FRPなどの防水処理を施した上にタイルなどを貼り付けて施工できればある程度漏水問題はクリアできるのでしょうが。
足がゆっくり伸ばすことができるのんびりしたバスタブにゆっくり入って一日の疲れを取りたいものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5180278