スポンサードリンク

一戸建て住宅の保証制度について

現在建てる住宅には10年保証(住宅品質保証制度)が義務付けられています。住宅の10年保証の品質保証制度はとてもよい制度です。しかし、10年保証の範囲がどこまでなのかという建築業特有のあいまいさも見逃すことはできません。
その一つに基本構造部分(柱・梁など)に発見された瑕疵(かし)及びその瑕疵(かし)が原因の不具合等保障のするとありますが、どこまでを不具合とみなすのか判断が難しいです。
明らかに雨漏れなどが発生した場合などは保証の範囲内でしょうが、建具の調整が悪くなったものは10年保証には含まれません。これらの些細な不具合はビルダー(建設会社)との信頼関係で無償で直してくれることが多いようです。また、10年保証制度以外でハウスメーカー特有の保証制度もあったりします。ハウスメーカーの保証制度はアフターと呼ばれることが多いようで要はアフターサービスのことです。このアフターがあるか、ないかでハウスメーカーへの信頼度も変わってくることでしょう。
中には、60年長期保証などをうたっている保証機構もあるようですが、実際問題木造住宅で60年間保証することはまず不可能でしょう。木造住宅の場合やはり10年周期で手入れをしていかなければ不具合は必ず発生します。
マイホームを長く持たせるためには、長期保証を当てにするよりも、日ごろのメンテナンスがマイホームにはとても重要なことだといえるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10310583